長崎教区典礼委員会 ngstenrei.exblog.jp

祭壇布

2015年6月15日発行の『新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所』(日本カトリック司教協議会)には、「祭壇を覆う祭壇布は白色を用います」(11頁)と記されています。これは「ローマ・ミサ典礼書の総則」の「祭壇は少なくとも一枚の白い色の祭壇布で覆われる」(117番)、「主の記念祭儀に対する尊敬、ならびに、主の御からだと御血が授けられるうたげに対する尊敬を表すために、ミサが執り行われる祭壇上には少なくとも一枚の白い色の祭壇布を敷く。その形、大きさ、および装飾に関しては、祭壇そのものの構造に調和させる」(304番)という指示に基づいています。したがって、ミサの祭壇布は白色と定められていることになります。材質については指示がなく、ミサが行われていない祭壇についての定めも特にありません。
第二バチカン公会議による典礼刷新の前には、祭壇布は亜麻布を用いるとされていました。これは、アリマタヤのヨセフが息を引き取ったイエスの体を十字架から降ろして包んだ亜麻布(ルカ23・53参照)を想起させるものだったようです。枚数は時代によって一定しなかったものの、通常3枚で、一番上のものは端が床まで垂れる長さがあり、前面をレースや刺繍で装飾するのが一般的でした。黙示録に登場する「人の子のような方」が着ていた「足まで届く衣」(黙示録1・13参照)を表すという説明もみられました。
昔も今も、教会は祭壇がキリストご自身を表すシンボルであると理解しています。典礼暦年の中で祭壇布を意識するのは聖なる過越の三日間でしょう。主の晩餐のミサの結びに聖体が安置所に運ばれた後、祭壇布が取り除かれ、祭壇は裸にされます。キリストの受難を象徴するしるしです。主の受難の祭儀では聖体拝領を行う交わりの儀の際に一時的に祭壇布が敷かれますが、その後ふたたび祭壇は裸にされ、復活徹夜祭を準備する直前まで祭壇布も除かれたままです。このように考えると、祭壇布は復活のキリストのからだの現存を示すしるしといえるかもしれません。祭壇布というしるしを通して、ミサのたびにわたしたちの目の前で現実になっているキリストの救いのわざに触れていただけるよう努めたいものです。
(『家庭の友』16年9月号より)

by nagasakitenrei | 2018-09-18 17:38 | 典礼と空間