長崎教区典礼委員会 ngstenrei.exblog.jp

祭壇布

2015年6月15日発行の『新しい「ローマ・ミサ典礼書の総則」に基づく変更箇所』(日本カトリック司教協議会)には、「祭壇を覆う祭壇布は白色を用います」(11頁)と記されています。これは「ローマ・ミサ典礼書の総則」の「祭壇は少なくとも一枚の白い色の祭壇布で覆われる」(117番)、「主の記念祭儀に対する尊敬、ならびに、主の御からだと御血が授けられるうたげに対する尊敬を表すために、ミサが執り行われる祭壇上には少なくとも一枚の白い色の祭壇布を敷く。その形、大きさ、および装飾に関しては、祭壇そのものの構造に調和させる」(304番)という指示に基づいています。したがって、ミサの祭壇布は白色と定められていることになります。材質については指示がなく、ミサが行われていない祭壇についての定めも特にありません。
第二バチカン公会議による典礼刷新の前には、祭壇布は亜麻布を用いるとされていました。これは、アリマタヤのヨセフが息を引き取ったイエスの体を十字架から降ろして包んだ亜麻布(ルカ23・53参照)を想起させるものだったようです。枚数は時代によって一定しなかったものの、通常3枚で、一番上のものは端が床まで垂れる長さがあり、前面をレースや刺繍で装飾するのが一般的でした。黙示録に登場する「人の子のような方」が着ていた「足まで届く衣」(黙示録1・13参照)を表すという説明もみられました。
昔も今も、教会は祭壇がキリストご自身を表すシンボルであると理解しています。典礼暦年の中で祭壇布を意識するのは聖なる過越の三日間でしょう。主の晩餐のミサの結びに聖体が安置所に運ばれた後、祭壇布が取り除かれ、祭壇は裸にされます。キリストの受難を象徴するしるしです。主の受難の祭儀では聖体拝領を行う交わりの儀の際に一時的に祭壇布が敷かれますが、その後ふたたび祭壇は裸にされ、復活徹夜祭を準備する直前まで祭壇布も除かれたままです。このように考えると、祭壇布は復活のキリストのからだの現存を示すしるしといえるかもしれません。祭壇布というしるしを通して、ミサのたびにわたしたちの目の前で現実になっているキリストの救いのわざに触れていただけるよう努めたいものです。
(『家庭の友』16年9月号より)

# by nagasakitenrei | 2018-09-18 17:38 | 典礼と空間

奉納行列で運ぶもの

『ローマ・ミサ典礼書の総則』には次のような記述があります。「…キリストが手に取られたもの、すなわちパンと、ぶどう酒と水が供えものの準備として祭壇に運ばれる…」(72番)。「…信者がパンとぶどう酒を奉納することは、ほむべきことである。…今は昔のように、信者が典礼のためのパンとぶどう酒を自分の家から持って来ないとしても、この儀式は霊的な効力と意味を保っている。貧しい人のため、また教会のために信者が持ってくるか、あるいは教会堂内で集めるかした献金または他のささげものも奉納される」(73番)。「…次のものを準備する。…祭器卓に…司式する司祭と助祭と奉仕者と会衆の拝領のためのパン、ぶどう酒と水の入った小びん(ただし、これらすべてが奉納行列で信者によって運ばれない場合)、…」(118番)。「信者が、感謝の祭儀のためのパンとぶどう酒、あるいは、教会の維持と貧しい人々を助けるための他のささげものを奉納することによって参加を表すことが望ましい。信者のささげものは、祭壇奉仕者あるいは他の奉仕者の助けを得て司祭が受け取る。…司式者はパンとぶどう酒を祭壇の上に置くが、他のささげものは別の適当なところに置く」(140番)。
これを読むと、奉納行列の際には「パン」、「ぶどう酒と水」、「教会のための献金やささげもの」、「貧しい人のための献金やささげもの」を運ぶことがわかります。また、「パンとぶどう酒」と「献金」が同じ行列で運ばれることにも気が付きます。ロウソクが先導するのか、花を運んでもいいのか、などについては特に指示はありません。教区によっても小教区によっても、責任者の指示や習慣があると思いますので、「こうすべきである」という必要はありませんし、教皇フランシスコが指摘する「すべきイズム」(『福音の喜び』93~97参照)に気を付けることも大切です。それをわきまえた上で、典礼は見えないものを見えるしるしで表現するということを思い出して、いのちをささげるキリストに結ばれて自分をささげるしるし、教会を支える一員であるしるし、あるいは貧しい人とのわかちあいのしるしとして、奉納行列の際に運ぶものを選ぶことができるでしょう。
(『家庭の友』15年9月号より)

# by nagasakitenrei | 2018-09-18 17:33 | エウカリスチア
ミサの典礼で指示されている「あいさつ」とは、「おはようございます」、「ようこそ教会へ」といったいわば日常のあいさつのことではありません。「主はみなさんとともに(主はあなたがたとともに)」――「また司祭とともに(また、あなたの霊とともに)」という司式者と会衆の対話句のことをいいます。
司式者のあいさつは聖書に由来する古いことばで、主の現存(神さまがそこにおられること)を表すものです。主の御使いのギデオンへのあいさつ「勇者よ、主はあなたと共におられます」(士師記6・12)や大天使ガブリエルのマリアへのあいさつ「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」はその典型です。さらに、司教が司式する場合の最初のあいさつ「平和がみなさんとともに(平和があなたがたとともに)は、ユダヤ人を恐れて戸に鍵をかけた部屋に集まった弟子たちに復活したキリストがかけたことば「あなたがたに平和があるように」(ヨハネ20・19、26)そのものです。
一方、会衆の返答のことばも聖書に由来しています。叙階の秘跡を受けた者が聖霊のたまものを受けた霊をもって奉仕にあたることを宣言するのです(一コリント2・10以下)。復活徹夜祭の「復活賛歌」で、司祭や助祭とともに歌うときでなければ対話句が省かれるのはこのためです。
このように、対話句はミサにおけるキリストの現存を表しています。「ローマ・ミサ典礼書の総則」は「…司祭は、集まった共同体にあいさつをして、主の現存を示す。このあいさつと会衆の応答は、ともに集まった教会の神秘を表す」(50番)と教えています。以前のミサでは公式祈願の前にも対話句がありました。現在のミサの「開祭」、「ことばの典礼」、「感謝の典礼」、「閉祭」のそれぞれ大切な部分に対話句があるのは、典礼憲章が教えるように「キリストの名によって集まるところに」、「ご自身のことばのうちに」、「何よりも聖体の両形態のもとに」、「奉仕者自身のうちに」キリストが現存していることの確認になっているともいえます。
繰り返される対話句の度に、そこにおられる復活のキリストの存在感、気配、息遣いが感じられるように意識してミサに臨みたいものです。
(『家庭の友』14年11月号より)

# by nagasakitenrei | 2018-09-18 17:32 | エウカリスチア

典礼暦(教会暦)

一年の暦に、キリストの救いの出来事と殉教者や聖人の記念を刻むものを教会暦といいます。古いものでは4世紀の教皇ミルチアデスの暦といわれるものが断片的に残されています。
1582年に教皇グレゴリオ十三世は、長い間に太陽の運行とずれてしまったユリウス暦を改めました。これがグレゴリオ暦と呼ばれる暦で、現在も一般に西暦として用いられる暦です。暦を調整するために、同年10月4日の翌日は10月15日とされました。現在のローマ・カトリック教会暦(典礼暦年)はこのグレゴリオ暦に基づいています。世界では、同じキリスト教の祝日でも別の日に祝われることがありますが、それはユリウス暦に基づいた教会暦を用いているところもあるからです。
さて、教会が初めから唯一大切にしていたのは、週の初めの日の復活の記念(主日)でした。やがて、おそらくユダヤ教の伝統を受け継いで、年毎の復活祭を祝うようになったと考えられています。これに伴い、聖なる過越の三日間や50日にわたる復活の記念(復活節)が発展しました。復活徹夜祭の洗礼式は3世紀初めの記録にすでに見られます。4世紀頃からは受難の出来事を黙想するために聖週間が設けられるようになり、洗礼志願者や公の償いをしている人とともに復活祭を準備する40日(四旬節)が成立していったようです。
同じ頃に、神が人となったという出来事についての神学的論争や、太陽の勝利を祝う異教の冬至祭から着想を得て、降誕祭が祝われるようになりました。これに復活祭前後の季節に合わせる形で待降節や降誕節が整えられていきました。
また、キリストのために血を流した殉教者の記念は、キリストの受難と復活に与る出来事として当初から大切にされてきました。さらに、5世紀のエフェソ公会議を機会に、神の母である聖母の記念が、特に待降節に盛んになりました。こうして発展しながら、教会暦には殉教者以外の聖人の記念も加えられるようになっていきました。
教会暦は常に発展するものです。第二バチカン公会議は、歴史の中で混雑してきた教会暦を整理し、キリストの救いの出来事の記念を中心軸に、聖母や聖人の記念を適切に配置しました。それが現在用いられている教会暦です。
(『家庭の友』13年8月号より)

# by nagasakitenrei | 2018-09-18 17:29 | 典礼と時間

香部屋係

教会堂で典礼祭具を保管したり司式者や奉仕者が祭服を身に着けたりする部屋を香部屋あるいは祭具室、またはラテン語でサクリスチアといいます。香部屋係はサクリスタとも呼ばれ、司式者や式典長の意向を十分理解したうえで、典礼書や祭服を含めた典礼祭具全般を管理し、典礼暦や典礼書の指示に従って必要な祭具の準備と片付けを行います。さらに、照明・音響・空調の配慮、教会の鐘を鳴らすことなどを受け持つ場合もあります。また、日常的には聖布の洗濯や祭服の管理、ホスチアやぶどう酒、ロウソクといった消耗品の補充、聖水の管理なども行います。『聖書と典礼』など会衆用の資料の準備を香部屋係が受け持っている教会も多いと思います。
香部屋係は祭儀の中で表に出ることはありませんが、典礼奉仕者として責任の重い不可欠の存在です。会衆や司式者が何も心配することなく祭儀に集中できるのは、香部屋係の奉仕に負うところが大きいのです。香部屋そのものの整理整頓や保管場所の情報共有、防虫(ぶどう酒やホスチア、祭服)や防犯(聖櫃のカギ、献金、香部屋の施錠など)にも配慮し、香炉などで火を使う機会も多いため火の始末にも注意します。香部屋係は、ミサをはじめ、結婚式や葬儀などが行われるたびに、祭儀の前の早い時間に準備に入り、祭儀中も不備がないか心を配りますから、気が休まることはありません。「香部屋係とオルガニストはミサの間ずっと気を散らしているので天国に行けない」という冗談があるほどです。そして祭儀の後は片付けを終えてから退出します。
香部屋係はかつて教会の公の役職とされ、聖職者に数えられたこともあるようですが、現在はとくに規定や資格はなくだれでも務めることができます。典礼奉仕者の一員として侍者など他の奉仕者と協力しつつ、準備に支障がないように、チームで係を受け持つのが望ましいと思います。典礼と取り扱う事柄に関する十分な知識と敬意が必要ですが、実際に任務を果たしながら学ぶことも多いので、典礼の責任者や先輩に手ほどきを受けながら身に付けていくのがよいでしょう。具体的な参考書として、『香部屋係のハンドブック』(白浜満・齊藤賀壽子共著、教友社)があります。
(『家庭の友』17年1月号より)

# by nagasakitenrei | 2018-09-18 17:27 | 典礼奉仕